動物対話(アニマルコミュニケーション)対面セッションのご感想♪

動物対話(アニマルコミュニケーション)対面セッションのご感想♪

先日、動物対話(アニマルコミュニケーション)の対面セッション
を受けてくださったクライアント様からご感想をいただきました。

わんちゃんも一緒の対面セッションでお話させていただきました。

以下、いただいたご感想です。

************************************************************************

動物対話ありがとうございました。

人に対して、他のワンちゃんに対して、同居犬に対して、なぜそのように振る舞うのか不思議でしたが、
全ての行動のもとになっている〇〇の意識、考え方が分かり、今までの行動の意味が全て腑に落ちました。

色々なしつけ教室に通うたび、私に喜んでもらいたいと頑張った結果、どんどん考え方が凝り固まっていったんですね。
私も、いい子でいて欲しいと思っていましたから。
しつけと一言でいっても、その子の基本的な性格に合うものでなければいけないなと改めて思いました。
〇〇の性格を人間に例えたお話がぴったりすぎて(笑)。それだと〇〇にとってもストレス溜まるだろうなと思いました。
〇〇のガチガチに凝り固まった意識を柔らかくしていけるよう会話をしていきます。

ありがとうございました。

************************************************************************

ご本人の承諾を得て、掲載させていただきました。
わんちゃんのお名前は伏せさせていただきました。
ありがとうございます。

セッションのとき、
まず最初に私が〇〇ちゃんに「よろしくねぇ」ってご挨拶したら、
〇〇ちゃんは私にすごい勢いで吠えてきたんです。
何を言ってるのかと思ったら・・・
『目見て話しちゃいけないんだからね~!!』
だったんです。

私は、えっ?って思って、飼い主様に
「しつけ教室かなにかで訓練士さんに、犬と話すときは目を見ちゃいけないって言われたことありますか??」
とお聞きしたら「あります」とのことでした。

〇〇ちゃんは、しつけ教室でそう習ったから、
馴れ馴れしく目を見て話しかけてくる私に
『目見て話しちゃいけないんだからね~!!』
って怒ってるんです!!

〇〇ちゃん自身が目を見られると威嚇されてるみたいで嫌だとかそういう問題じゃなくて、
しつけ教室でそう習ったから、『いけないんだぁ!!』って怒ってるんです。

それ以外にも〇〇ちゃんの頭の中には、たくさんの「~しなきゃいけない」があって、
〇〇ちゃん自身、忠実にそれを守ろうしているし、
他のわんちゃんができていないと、
『~しなきゃいけないんだからねっ!!』
って怒って注意しているということが伝わってきました。

常に気を張ってる感じで、〇〇ちゃんにも負担がかかっているのを感じました。
必要のない「~しなきゃいけない」は、手放していけるよう
〇〇ちゃんに話かけてあげてくださいとアドバイスさせていただきました。

お話させていただきありがとうございました。

(写真のわんちゃんはイメージです。)