動物対話とは

動物対話(アニマルコミュニケーション)の正しい意味は「動物と意思の疎通を図ること」です。
「テレパシーで動物たちと話すこと」だけではありません。
彼らの動作や表情から何を言いたいのか判断することも立派な動物対話(アニマルコミュニケーション)です。
動物対話のセッションでは、動物とコミュニケーションをとるのに神秘性を持たせるなんて以ての外!というスタンスをとっています。
動物対話を通して、動物とコミュニケーションをとることをより身近に感じていただけたら幸いです。
飼い主さまとペットさんの絆を深めるための動物対話(アニマルコミュニケーション)です。
ただの通訳ではなく、飼い主さま自身がペットさんとより深く意思疎通が図れるようになるコツやヒントもお渡しいたします♪
動物対話は、動物の種類を限定しませんし、生きているペットさんでも、ずいぶん昔に亡くなってしまったペットさんでも、同じようにコミュニケーションを図ることが可能です。

動物対話(アニマルコミュニケーション)とは?

よくあるご質問

Q. 動物対話士®とアニマルコミュニケーターの違いってなんですか?
A. 動物対話士®とアニマルコミュニケーターの違いは、一言で言うと、その存在が公に認められているか、自称であるかという違いです。
動物対話士®とは読んで字のごとく、動物との対話を専門に行う人を指し、特許庁から【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】 の名称として登録商標の認可がされた、国によって認められている名称です。
そのため、動物対話士®という呼称は登録届出者の許可なく使うことはできず、その権利は 一般社団法人動物対話協会 代表理事 伊東はなん が所有しています。
Q. 動物対話士®の特徴は?
A. 一般的なアニマルコミュニケーション = ペットさんの通訳
動物対話 = ペットさんと飼い主さまの通訳とカウンセリング

動物対話では、ただ飼い主さまの質問をペットさんに聞いて答えるだけの通訳で終わらせず、
どうしたら飼い主さまとペットさんが幸せになれるかをテーマにカウンセリングを行うことに重きを置いています。
飼い主さまとペットさんの中立の立場でお話しを伺い、どのようにしたら双方が一番幸せでいられるかを常に考えます。
どうすれば人と動物がよりよく共存して暮らしていけるか、その情報をご提供できるのが、動物対話士®です。
Q. 私にも動物対話(アニマルコミュニケーション)できますか?
A. 霊感やテレパシーに翻弄されている方には、ぜひとも動物対話(アニマルコミュニケーション)の本質を知っていただきたいです。
ペットさん達は、体の構造が人と違うので、人と同じように言葉を話すことは出来ませんが、日頃から私たちの会話を聞いていて言葉を覚えていきます。
例えば、犬だったら「散歩行く ?」って言ったら、しっぽを振ったり、飛び跳ねたり、その子の表現の仕方で「散歩に行きたい」という意志を伝えてくれますよね。
それこそが正しい動物対話(アニマルコミュニケーション)です。
どうか動物対話(アニマルコミュニケーション)を難しいものだと誤解しないでください。
動物対話(アニマルコミュニケーション)は決して一部の特殊能力者のものではなく、動物対話(アニマルコミュニケーション)は誰にでもできることなんです!!

一般社団法人動物対話協会とは?

平成28年8月8日、一般社団法人動物対話協会設立。
動物の声や思いに耳を傾け、意思疎通をはかることで、人と動物がもっと豊かに触れ合える、あたたかな世界を目指していきます。
飼い主さんが日常感じる「なぜ?」を解消し、ペットと飼い主さんの架け橋となることで、より良い関係作りのサポートをします。
日本人らしい動物との暮らし方の実践に質する各種講座を日本各地で展開中。

一般社団法人動物対話協会 代表理事 動物対話士®伊東はなん

一般社団法人動物対話協会のホームページはこちら

一般社団法人動物対話協会